コロナワクチンの副反応で仕事を休んだら休業補償・休業手当が必要?

コロナワクチン副反応と休業補償

こんにちわ。私は、アルミやメッキ加工をしている会社の人事を担当しています。

先日、従業員を対象に健康診断とともにワクチン接種をしました。

すると、数名が副反応のため、会社を休んだのですが、その中の1人から、休業手当はでるのか?と聞かれました。

たしかに、ワクチンは会社の方針で全従業員がなるべく接種するようにと指示をしましたが、決して強制ではありませんし、誰が打ったのか会社は正確に把握しているわけでもありません。

この場合でも、休業補償・休業手当をする必要があるのでしょうか?

支払わなくてもよい可能性が高い

前提として、休業補償とは、会社が不可抗力以外で労働者を休業させた場合に支払わなければならない手当のことをいいます。

では、コロナワクチンの副反応による休業が、会社の不可抗力といえるかどうか、という点が問題になるのですが、この点について、厚労省などからは正式な見解、また、最高裁判所の判例などはありません。

ですから、確実なことはいえないのですが、ワクチン副反応の場合は、会社の不可抗力として休業手当が不要になる可能性が高そうです。

というのも、コロナ感染により休業になったケースで、休業手当が不要というケースが生じているためです。

ただ、ワクチンによる休業はまだ法整備が追い付いていない状況なので、今後どうなるか注視する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました